事例集(遺言関係)

 

事例集
01
遺言について
01-01 妻が認知症で行く末が心配  (任意後見契約)
01-02 知人に遺言執行者を頼みたい (遺言執行者)
01-03 面前で書いてもらった遺言に日付がない (死因贈与)
01-04 不祥事を起こした息子に相続させたくない (遺留分の事前放棄)
01-05 「遺贈」と「相続」の違いって何ですか (遺贈と相続)
01-06 自筆の遺言を残したい (自筆証書遺言)
01-07 次男を相続人からはずしたい (推定相続人廃除)
01-08 誰にも知られず遺言したい (秘密証書遺言)
01-09 残された家族が争わないように確実に遺言を残したい (公正証書遺言)
01-10 尊厳死の希望を遺言に残したい (尊厳死宣言公正証書)
01-11 愛人に財産を残したい (愛人に対する遺贈)
01-12 夫の遺言で財産がもらえない (遺留分)
01-13 外国語で遺言を残すには(外国語での遺言)
01-14 自分が死んだらペットのことが心配(負担付贈与)
01-15 農地は農業を継いでくれる長男に相続させたい(農地相続)
01-16 息子を会社の後継者に指定する遺言を残したい(後継者指定の遺言)
01-17 中小企業を円滑に息子に譲りたい(経営承継円滑化法)
01-18 前に書いた遺言を撤回したい(遺言の撤回)
02
相続トラブルについて
02-01 亡き父に貢献した兄が寄与分として遺産の8割を主張(寄与分と遺留分の関係)
02-02 義父の療養看護に尽くしたが寄与分を主張できるか(相続人以外からの寄与)
02-03 父の生命保険金の分割を兄が要求(生命保険金と特別受益)
02-04 父の財産を妹が勝手に処分(処分された財産の代償請求)
02-05 兄がお墓の相続を主張(祭祀承継者の指定申し立て)
02-06 香典は誰のものになるのか(葬儀費用負担者と香典)
02-07 家業を手伝ってきた実家に住み続けたい(黙示の使用賃借契約と寄与分)
02-08 全財産を相続させる遺言を孫が引き継げるのか(相続させる遺言と代襲相続)
03
相続手続について
03-01 認知症の遺産分割
03-02 未成年者がいる場合の遺産分割(特別代理人の選任)
03-03 亡き父の借金をどうやって返せばよいか
03-04 遺産分割の協議がしたい(遺産分割協議)
03-05 妊娠中の場合、相続人は誰か(胎児(たいじ)がいる場合の相続)
03-06 遺産分割時に相続人が行方不明の場合(遺産分割時不在者の取り扱い)
03-07 亡き父の遺言書を発見した(遺言書の検認)
03-08 亡き父の借金を返したくない(相続放棄)
03-09 遺産分割協議のために帰国が必要か(遺産分割時に海外に居住している場合)
03-10 遺言と違う遺産分割をしたい

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら