法律用語で選ぶ

代襲相続(だいしゅうそうぞく)

相続のとき、被相続人(財産を残す人) の子どもが死亡(または廃除、欠格)している場合があります。そのようなときは、子どもの子ども(被相続人の孫)が親に代わって相続します。このような制度を代襲相続人(だいしゅうそうぞく)といい、相続する人を代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)といいます。

相続人の第1順位である子どもがすでに亡くなっているときは、その子ども(相続人の孫)が代襲相続人になります。代襲相続人となる孫も亡くなっている場合は、ひ孫が代襲相続人(再代襲相続)となります。



相続人である子どもが死亡している場合


被相続人に子どもがいない場合

被相続人(財産を残す人)に子どもがいなければ、被相続人の父母と配偶者が相続人(相続を受ける人)になります。しかし、父母が亡くなっている場合、被相続人の兄弟姉妹と配偶者が相続人になります。ところが、その兄弟姉妹も亡くなっている場合は兄弟姉妹の子ども、つまり被相続人の甥や姪が代わりに代襲相続人になるのです。



続人である兄弟姉妹が死亡している場合


相続放棄をした相続人の子どもに代襲相続は生じない

相続を放棄すると、その相続については、はじめから相続人とならなかったものとみなされます。したがって相続放棄した人の子どもには代襲相続がありません。



続放棄した場合