法律用語で選ぶ

公正証書遺言(こうせいしょうしょゆいごん)

2人以上の証人の立会いのもとで、遺言者が口頭で述べた内容を公証人が「公正証書」として作成するものです。公証人は元裁判官や元検察官など、法律に精通した人ですから、要件の不備で無効になることがありません。

公正証書遺言の利点

1)公証人が原本を保管するので、紛失のおそれがない。
2)変造のおそれがない。
3)遺言の存在や解釈などについて、争いがおこらない。
4)家庭裁判所の「検認」の手続がいらない
6)コンピューターによる非公開の遺言検索システムに登録するので、遺言者の死亡後、相続人の検索要求にすぐに対応できる

公正証書遺言の作成手順

1)証人二人が立ち会う
2)遺言者が公証人に遺言内容を口述する
3)公証人がこれを筆記する
4)公証人が公正証書を読み上げるか、または閲覧させる
5)遺言者と証人が、筆記が正確であることを承認した後、署名押印する。

証人になれる人

相続人(相続を受ける人)、また遺贈によって財産をもらう人、未成年は証人になれません。適当な人がみつからない場合はやはり、相続に詳しい弁護士・司法書士・行政書士などの専門家に依頼した方が安心です。何よりこのような専門家は守秘義務が課せられていますので遺言の内容が外部に漏れる心配もありません。知人にお願いする方法もありますが、遺言の内容を知られてしまいます。

その他の遺言の種類

一般的な遺言の方式は、公正証書遺言(こうせいしょうしょゆいごん)の他に、自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)、秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)があります。