法律用語で選ぶ

秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)

遺言を残す本人以外には、遺言の内容を秘密にしておきたいときに作成する遺言方式です。公証役場で公証人と2人以上の証人に、自分の遺言書であることを証明してもらうところが特徴です。

この秘密証書遺言は、改ざんや変造の心配はないものの、公証役場で保管するわけではないので、紛失したり、発見後に破棄される恐れがあるので、保管には十分な注意が必要です。

秘密証書遺言の作成方法

1)遺言者が遺言書を書いて署名押印する
2)これを封筒に入れて同じ印で封印する
3)公証人と二人以上の証人の前に提出する
4)これが自分の遺書であることを公証人と証人に申し述べる
5)公証人が、受け取った封筒に貼り付けた封紙に日付と遺言者が述べた内容を書いた後、遺言者、証人とともに署名押印して完成
6)遺言者が保管

検認の手続きが必要

遺言者の死後に発見されれば、相続人(相続を受ける人)が家庭裁判所に持参して検認手続きをすることになっています。

その他の遺言の種類

一般的な遺言の方式は、秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)の他に、自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)公正証書遺言(こうせいしょうしょゆいごん)があります。

遺言の内容を明確にするために細心の注意が必要

秘密証書遺言や自筆証書遺言は、遺言の内容について、専門家である公証人が関与していないため、内容が不明確となって無効とされることもあります。遺言の内容を確実に実現させたいのであれば、公正証書遺言が有効でしょう。