法律用語で選ぶ

相続分(そうぞくぶん)

人が亡くなったとき、誰が相続人(相続を受ける人)になれるのか、その範囲と順位が法律で決まっています。相続人になれる人のことを法定相続人(ほうていそうぞくにん)といいます。相続分(そうぞくぶん)とは、相続財産全体に対する相続人(相続を受ける人)の権利の割合です。。

配偶者は常に相続人、血族相続人には優先順位がある

相続する権利には一定の順位があります。まず配偶者は、血族相続人(子ども、父母、兄弟姉妹)がいる、いないにかかわらず常に相続人になります。そして血族相続人には次のように相続する優先順位が決められています。


≪血族相続人の優先順位≫

1)第1順位の相続人
被相続人(財産を残す人)に子どもがいるときは、子どもが優先的に相続人になります。
相続人に父母や兄弟姉妹がいても、相続権は子どもだけが持ちます。
そして、子どもが亡くなっている場合は、孫が相続人になります。(代襲相続)
2)第2順位の相続人
被相続人に子どもや孫がいない場合、父母、祖父母が相続人になります。父母がいる場合は
父母に相続権が、2人とも亡くなっていて祖父母が生きていれば、祖父母に相続権が移ります。
3)第3順位の相続人
被相続人に子ども、孫、父母、祖父母がいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。
兄弟姉妹が亡くなっているときは、その子ども(被相続人の甥や姪)に相続権が移ります
(代襲相続)

法定相続分は誰が相続人になるかによって決まる

ケース1 配偶者と子どもが相続人(第1順位)


●配偶者が死亡している場合は子どもが全部相続します。
●子どもが非嫡出子(婚外子)の場合の法定相続分は嫡出子の2分の1となります。

ケース2 配偶者と父母が相続人(第2順位)


●配偶者が死亡している場合は親が全部相続します。

ケース3 配偶者と兄弟姉妹が相続人(第3順位)


●配偶者が死亡している場合は兄弟が全部相続します。
●半血兄弟姉妹(異父・異母兄弟)は、父母の両方を同じくする兄弟姉妹の2分の1となります。

遺言で相続分が指定されていた場合

遺言で被相続人(財産を残す人)の意思によって定められた相続分を指定相続分(していそうぞくぶん)といいます。遺言で指定相続分が定められていたら、法定相続分よりも優先されます。