法律用語で選ぶ

相続放棄(そうぞくほうき)

相続放棄(そうぞくほうき)とは、全面的に遺産の引き継ぎを拒否することです。相続の放棄をすると、最初から相続人にならなかったものとみなされます。つまりプラス財産もマイナス財産も引き継ぎません。

相続放棄の期限は3ヶ月以内

相続があったことを知った日から3ヶ月以内に相続放棄の手続をしないと単純承認したとみなされてしまいます。この3ヶ月の間に相続財産を把握して単純承認するか、相続放棄をするか、限定承認をするかを選択します。この期間を熟慮期間(じゅくりょきかん)といいます。

熟慮期間は延長することができる

相続財産がどのくらいあるのかよくわからない場合は、期間を延ばしてもらうことが可能です。 家庭裁判所に期間の延長の申し立てをすると、具体的事案に応じて相続財産の調査のために必要な期間が延長されます。

相続放棄の手続き

1)期限…自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内

2)場所…被相続人(財産を残す人)の住所地の家庭裁判所

3)提出書類…
●相続放棄申述書(そうぞくほうきしんじゅつしょ) 裁判所ホームページよりダウンロードできます
●被相続人の住民票除票又は戸籍附票
●申述人(放棄する人)の戸籍謄本
●被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
※申述人によって必要な書類が異なります。詳しくは管轄の家庭裁判所にお問い合わせください。

相続放棄は取り消すことができない

詐欺・脅迫などの特別な理由がない限り、相続放棄が家庭裁判所に受理されてしまうと、 二度と取り消すことはできません。相続するかどうかは、すべての相続財産を把握したうえで、慎重に判断する必要があります。