法律用語で選ぶ

相続回復請求権(そうぞくかいふくせいきゅうけん)

相続回復請求権とは

相続人ではない者が、相続人のふりをして相続人の相続財産を占有している場合に、真の相続人が相続財産の返還を請求する権利です。

具体的ケース

配偶者及び子供がいるAが亡くなり、Aの兄(相続権なし)がA所有の建物を賃料は無料で使用貸借していました。

相続開始後に、相続人らがAの兄に対して建物の返還請求をしました。

時効消滅(権利を失うとき)

相続人またはその法定代理人(親など)が相続権を侵害されたことを知った時から5年間で時効消滅します(884条)

また、相続開始時から20年が経過すると相続権が侵害されたことを知っていたかどうかに関わらず相続回復請求権は請求できないこととなります。

取得時効との関係

取得時効の制度により相続財産が取得できないかが問題となります。

その場合、表見相続人(偽の相続人のこと)には、取得時効は認められません。しかし、表見相続人からさらに財産を譲り受けた者には取得時効が認められます。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら