法律用語で選ぶ

単純承認(たんじゅんしょうにん)

単純承認(たんじゅんしょうにん)とは

相続とは、被相続人(財産を残す人)のプラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐことです。被相続人(財産を残す人)の財産がプラスの財産だけの場合も、被相続人(財産を残す人)にマイナスの財産がある場合も、相続人(相続を受ける人)が何もしなければ、その財産のすべてを相続人(相続を受ける人)が引き継ぐことになります。こうした相続の方法を単純承認(たんじゅんしょうにん)といいます。

相続財産のうちプラスの財産が明らかに多ければ単純承認を

まず、被相続人(財産を残す人)の財産の目録を作ってみましょう。明らかにプラスの財産が多い場合は、単純承認を選んで問題ありません。単純承認をするときには、特に手続きは必要ありません。被相続人(財産を残す人)が亡くなって相続が開始してから3ヶ月以内に手続きをしなければ、自動的に単純承認したことになります。

単純承認をしたくなければ3ヶ月以内に手続きが必要!

相続には単純承認を含めた以下の3つの選択肢があります。

●単純承認(たんじゅんしょうにん)  
プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐ
相続放棄(そうぞくほうき)  
プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐことを拒否する
限定承認(げんていしょうにん) 
相続財産の限度内でマイナスの財産(借金)の清算をし、もしプラス財産が残れば引き継ぐ


単純承認以外を選択する場合は、3ヶ月以内に被相続人(財産を残す人)の住所地の家庭裁判所に申述書を提出しなければなりません。

こんなときには単純承認とみなされる

相続開始後、手続きをしなければ自動的に単純承認したことになります。それ以外に、以下のケースも単純承認とみなされます。

●相続人(財産を受ける人)が相続財産の全部または一部を処分した場合
●相続人が相続放棄または限定承認後に、相続財産の全部もしくは一部を隠した場合
●相続人が相続放棄または限定承認後に、相続財産の全部もしくは一部を消費した場合
●相続人が相続放棄または限定承認後に、相続財産の全部もしくは一部を財産の目録にわざと記載しなかった場合