シーンで選ぶ

内縁の妻に財産を残したい

内縁とは、簡単にいいますと事情があって婚姻届は出していないけれど、夫婦と同視できるような状況にある関係です。

内縁関係にある者に財産を残す方法は生前贈与と、遺言による遺贈が考えられます。

注意

いずれも、遺留分減殺請求を受ける可能性があります。その対策としては、遺留分を侵害しない範囲で生前贈与や遺贈をする方法がありますが、減殺請求を受けたとしても取り返されるのは遺留分の範囲のみですのでそれほど気にされなくてもいいかもしれません。後の紛争に巻き込まれないようにという配慮を重視するのであれば、遺留分を侵害しない範囲を守るのも手です。

コラム

財産目当てであった場合には、生前贈与したら離れていく可能性があります。遺贈の場合も結局のところ同じですが、当の本人は知らないままでいられる分幸せなのかもしれません。

なお、遺留分を侵害する生前贈与や、遺贈は無効なのではなく、有効です。遺留分減殺請求を受けない限り問題はありません。そして、遺留分減殺請求はいつまでも請求ができるわけではなく、時効があります。

逆に、相続人側から見れば、事例により公序良俗違反で無効とする方法が認められる可能性もあります。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら