シーンで選ぶ

農地の相続

農地を相続する場合には、注意が必要です。

なぜならば、通常の相続であれば、法定相続分に応じて相続が可能で、土地に関しても分筆(土地をわける)などする場合もできるのですが、農地に関しては農地法により所有は耕作者であることが原則となっています。では、売ってしまってから現金を相続人で分けるという手段も考えるかと思いますが、農地の売却には知事などの許可が必要になります。

 

農地は大きな財産ですので、相続が開始してから、遺産分割協議をしても話し合いをまとめるのは難儀です。

そこで、以下の二つの対策を考えてください。

対策の一つとしての「生前贈与」

生前贈与で、相続人の一人に農地をすべて贈与してしまいましょう。

相続開始後に、遺留分減殺請求をされる場合のことを考えて、遺留分の放棄をさせておくことが必要です。

リーダーシップが必要とされますので、生きてる間にみんなを説得して、相続で起きる揉め事などの心配事をなくしておくことが必要です。

注意

相続税よりも高い贈与税の課税を受けることになってしまいます。特例措置もあるかもしれませんので、税理士に相談をしてみましょう。

対策の一つとしての「遺言」

遺言で、農地を相続人の一人にすべて相続させるという指定をしてしまいましょう。

 

相続開始後に、遺留分減殺請求をされる場合のことを考えて、遺留分の放棄をさせておくことが必要です。

リーダーシップが必要とされますので、生きてる間に他の相続人を説得して、相続で起きる揉め事などの心配事をなくしておくことが必要です。

他にどんな方法があるの?

詳しくは、弁護士に相談をしてみましょう。経験により例外事例をいろいろと知っているはずです。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら