シーンで選ぶ

生前贈与を受けていた

相続が開始する前に、被相続人(相続される人)が他の相続人に対して生前に贈与(例えば大学の学費を出すなど)をしていた場合に、生前贈与を受けていた者は特別受益を受けたと判断される場合があります。

特別受益とは

特別受益とは、相続人が贈与や遺贈を受けていた場合に相続分から差し引く制度です。

具体例

例えば、被相続人が長男に大学の学費を400万だしていたとします。相続人は、妻と長男と次男がいるとします。

遺産が2000万だった場合、2000万に400万を足した2400万を相続財産として計算します。

2400万の相続財産を法定相続分で分けると、妻が半分の1200万、長男と次男が600万づつ相続することになりますが、長男は400万の特別受益を差し引いた、200万を長男は相続することになります。

 

以下のものが特別受益と判断されます。

・婚姻のための贈与(結納金、新婚旅行の費用など)

・養子縁組のための贈与(持参金など)

・生計の資本としての贈与 (大学の学費など)

決め方

特別受益に関して、相続人同士の話し合いで決まらない場合は、家庭裁判所の調停を申し立てることができます。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら