シーンで選ぶ

死亡した

まず、死亡すると相続が開始されます。(民法882条)

 

相続が開始すると、死亡したときを知ったときから、3ヶ月以内に次の意思表示(相続を受けるか受けないか)をしなければなりません。

1、単純承認

2、相続放棄

3、限定承認

注意

何も意思表示をしない場合には、単純承認をしたものとみなされます。

単純承認(たんじゅんしょうにん)

負債も、資産も、すべて相続する意思表示です。

方法

何もしなければ、勝手に単純承認となります。

注意

何も意思表示をしない場合には、単純承認をしたものとみなされます。

相続放棄(そうぞくほうき)

相続を拒否することです。

例えば、家のローンが2000万あり、預金が200万円の場合には200万-2000万=-1800万ですので、相続放棄をします。この場合、限定承認という制度もありますが、確実に債務のほうが多いと判断がつくような場合には、限定承認は手続きが面倒なので、相続放棄をする方がいいかもしれません。

方法

家庭裁判所に申し込みます。必要書類もありますので、ご自身でやられるよりも専門家に頼んでしまったほうが楽かと思います。

注意点

いったん相続放棄をすると撤回ができません。

代襲相続ができません。

3ヶ月以内に意思表示をしなかった場合でも、場合により相続放棄と同じ効果を及ぼすことができる場合があります。キーワードは「相続分皆無証明書」というものです。話が難しくなってしまいますので、専門家の方にご相談ください。

限定承認(げんていしょうにん)

マイナスである借金と、プラスである資産を差引し、プラスになっている部分だけ相続しますという制度です。

方法

1、財産目録を作成します。

2、相続人全員で家庭裁判所に限定承認の申し込みをします。

3、債権者に債権があるなら債権の届け出をするようにと告げます。

注意点

手続方法が面倒なため、実際のところ限定承認の利用は少ないようです。

実際のところは、財産が残るか借金が残るか微妙な場合は、面倒なので相続放棄をしてしまう場面が多いようです。

相続人の順位

関係者の戸籍謄本を集め、誰が相続人となるかを確定した後は相続順位に応じて配分されることになります。

その際にまず、必ず相続人になるのは配偶者ですが、配偶者以外で相続人になるには、次の順位で判断されます。

そして、上位の順位者がいる場合は、それよりも下の順位の者は相続人になれません。例えば、配偶者、子供、おじいちゃんがいる場合には、相続人には、配偶者と子供だけがなります。

第1順位、子供

第2順位、おじいちゃん、おばあちゃん

第3順位、兄弟

なお、内縁の配偶者には相続人として認められませんので、もし内縁の配偶者に財産を分けたいという場合には、遺贈などが必要です。

 

コラム:現在の法律構成のほとんどは、内縁の配偶者の立場を婚姻関係に準じるという構成をとっていますが(例えば、労災保険法、厚生年金法などの遺族に支給するものは内縁の配偶者も請求できます。)、相続の場合の内縁関係に関しては、「取引の安全」という法益が優先されたとみていいでしょう。ですから、内縁関係は相続人にはならないと判断しているのでしょう。

注意

・胎児は、既に生まれたものとみなされるので相続人となることができます。

・養子も、相続人となることができますが、特別養子の場合は生みの親の相続人にはなれません。

・非嫡出時も相続にとなることができますが、相続開始後に非嫡出子が認知の訴えをできるのは3年以内です。

法定相続分

順位に応じた相続分は、以下のとおりとなります。

ケース1、子と配偶者が相続人の場合(第1順位)

子の相続分と配偶者の相続分は1/2です。子が複数いる場合は、子の分を案分比例します。

ケース2、直系尊属(おじいさんやおばあさん)と、配偶者の場合(第2順位)

直系尊属が、1/3、配偶者が2/3を相続します。直系尊属が複数いる場合は、1/3を案分比例します。

ケース3、兄弟と配偶者が相続人の場合(第3順位)

兄弟が1/4、配偶者が3/4になります。兄弟が複数の場合には、1/4を案分比例します。

代襲相続(民法887条~)

誰が相続人となるかの判断では、「代襲相続」という制度にも気をつけなければいけません。

子供、兄弟が相続の開始よりも前に死亡した場合、または相続人から排除された場合、その子供の子供、兄弟の子供が相続できる可能性があります。そのような判断が難しい場合は、弁護士、司法書士など専門家にご相談ください。

注意点

・子供、兄弟には、代襲相続(だいしゅうそうぞく)という制度があり、子供の子供、兄弟の子供に関しても相続人になる可能性があります。

・胎児に関しては、まだ生まれていませんが、生まれているものとみなされますので、相続人となります。

・相続放棄をした相続人の子供には代襲相続は生じません。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら