シーンで選ぶ

相続をしたくない

借金などが多くて、相続をしたくない場合は、相続が開始してから3ヶ月以内に

1、相続放棄

2、限定承認

のいずれかの手続きを行ないましょう。

相続放棄(そうぞくほうき)

相続を拒否することです。

例えば、家のローンが2000万あり、預金が200万円の場合には200万-2000万=-1800万ですので、相続放棄をします。この場合、限定承認という制度もありますが、確実に債務のほうが多いと判断がつくような場合には、限定承認は手続きが面倒なので、相続放棄をする方がいいかもしれません。

方法

相続放棄をしたいと思っている本人が家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。

注意点

・いったん相続放棄をすると撤回ができません。

・代襲相続ができません。

・3ヶ月以内に意思表示をしなかった場合でも、場合により相続放棄と同じ効果を及ぼすことができる場合があります。キーワードは「相続分皆無証明書」というものです。話が難しくなってしまいますので、専門家の方にご相談ください。

限定承認(げんていしょうにん)

マイナスである借金と、プラスである資産を差引し、プラスになっている部分だけ相続しますという制度です。

方法

1、財産目録を作成します。

2、相続人全員で家庭裁判所に限定承認の申し込みをします。

3、債権者に債権があるなら債権の届け出をするようにと告げます。

注意点

・手続方法が煩雑なため、実際のところ限定承認の利用は少ないようです。

・実際のところは、財産が残るか借金が残るか微妙な場合は、面倒なので相続放棄をしてしまう場面が多いようです。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら