シーンで選ぶ

相続させたくない

親不孝者に財産を残したくないと考える場合もあるかと思います。

 

そのような場合に、財産を相続させない方法として、

1、相続欠落

2、相続排除

というものがありますが、一般的には相続排除が選ばれます。

このほか、遺言で相続財産を一部しか相続させない方法や、生前贈与という方法もあります。

相続欠落とは

相続人や被相続人を殺害した場合、詐欺や脅迫によって遺言をさせた場合、遺言を偽造したなどの場合、法律上当然に相続人になる資格を奪われます。

方法

・特に手続きはなく、相続の権利を失います。遺贈も受けられません。

注意

・代襲相続の適用はあります。

相続排除とは

子供が両親に対して、ひどい侮辱をおこなったり、虐待をしたりするとその両親から家庭裁判所に相続排除の申立てをすることができます。

方法

家庭裁判所に相続排除の申立てをします。

注意

・相続排除は、遺言によってもすることができます。遺言によってする場合には、遺言執行者が家庭裁判所に排除の請求をします。

・一度排除したとしても、取り消しはできます。

・代襲相続の適用はあります。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら