シーンで選ぶ

土地を相続する場合

土地の相続にあたっては、どのように分けるかと、登記が重要です。

注意

不動産に抵当権などのマイナス要素が設定されているかどうかは事前にチェックしてください。チェックの方法は登記簿謄本を法務局からとればわかります。

どのように分けるか

土地などの不動産は高額ですので、法定相続分を超えてしまうことが考えられます。そのような場合には、説得をして遺産分割協議書に同意してもらうのがいいのでしょうが、金銭で解決することも手段の一つです。つまり他の相続人に金銭を支払い実質的に法定相続分での分割と同様の状態にして納得をしてもらいます。

登記

土地などの不動産を相続した場合は、法務局で所有権移転登記をしてください。

方法

法務局で手続きを行ないます。

必要な書類としては、所有権移転登記申請書、戸籍謄本(相続人)、除籍謄本(被相続人)、住民票抄本(相続人)、固定資産課税台帳謄本の他、相続放棄申述受理証明書や遺産分割協議書が必要な場合もあります。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら