シーンで選ぶ

用語集

遺産分割協議(いさんぶんかつきょうぎ)

遺言がない場合、どの遺産を誰が相続するのかを決めるための相続人同士の話し合い

遺贈(いぞう)

被相続人が法律で定められた相続人以外の人、たとえば生前に世話になった人などに財産を残す場合、相続とはいわず遺贈という言葉を用いて区別します。

遺留分(いりゅうぶん)

相続人の権利を保護するため、遺言にかかわらず一定割合の財産を相続できる権利

遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)

遺留分が侵害されているときに侵害された部分を取り戻すための請求

寄与分(きよぶん)

被相続人の財産を維持したり、財産を増やすことに特別の貢献をしたり、被相続人の療養看護に尽くした人に対して、本来の相続分を超える財産を受け取ることが認められています。この本来の相続分を超えて加算される部分を寄与分(きよぶん)といいます。

経営承継円滑化法(けいえいしょうけいえんかつかほう)

中小企業で後継者が事業を継ぎやすくすることを目的に作られた法律。相続税の納税猶予や金融支援などさまざまな措置を講じられている。

系譜(けいふ)

家系図

限定承認(げんていしょうにん)

マイナスである借金と、プラスである資産を差引し、プラスになっている部分だけ相続しますという制度です。

検認(けんにん)

公正証書遺言を除き、家庭裁判所で行う手続き。遺言書の変造や隠匿を防ぐためのもの。

公正証書遺言(こうせいしょうしょゆいごん)

2人以上の立会いのもとで公証人に遺言の内容を口述し、作成してもらい、原本は公証役場に保存される遺言方式

自筆証書遺言(じひつしょうしょゆいごん)

遺言者が自分でいつでも自由に作成できる遺言方式。遺言の全文、日付、氏名などを全て字書し、押印すれば作れる

推定相続人(すいていそうぞくにん)

相続が開始された場合に、相続人になる人をいいます。推定相続人は、相続人の前段階とお考えいただくとわかりやすいかもしれません。推定相続人が、「死亡」という状況の発生により、相続開始し、相続人となります。

相続(そうぞく)

亡くなった人の財産(遺産)を引き継ぐこと

相続欠落(そうぞくけつらく)

相続人となるものを殺害したりした場合に法律上当然、相続人になる資格を奪われます。

相続人(そうぞくにん)

財産を引き継ぐ人

相続排除(そうぞくはいじょ)

子供が両親に対して、ひどい侮辱をおこなったり、虐待をしたりするとその両親から家庭裁判所に相続排除の請求をすることができます。

相続放棄(そうぞくほうき)

相続を拒否することです。

単純承認(たんじゅんしょうにん)

プラスの財産もマイナスの財産も引き継ぐ

代襲相続(だいしゅうそうぞく)

子供、兄弟が相続の開始よりも前に死亡した場合、または相続人から排除された場合、その子供の子供、兄弟の子供が相続できる可能性があります。そのような制度を代襲相続といいます。

単純承認(たんじゅんしょうにん)

負債も、資産も、すべて相続する意思表示です。

特別受益(とくべつじゅえき)

被相続人から特別の援助を受けた場合(商売の資金援助、マイホーム資金など)、これを無視して相続分を計算するのは不公平との考えから、生きている間にもらった分を、相続分の前渡しとして計算する制度

被相続人(ひそうぞくにん)

亡くなった人

非嫡出子(ひちゃくしゅつし)

婚姻関係にない、内縁、愛人などとの間に生まれた子

秘密証書遺言(ひみつしょうしょゆいごん)

遺言者が作成、封をした遺言書を公証役場に持参して公証人と2人以上の証人に、自分の遺言書であることを証明してもらう遺言方式

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら