シーンで選ぶ

遺言を発見した!

正式な遺言書であれば、遺言書のとおりに遺産が分割されますが、遺言を発見しても、封印されている場合は勝手に開封してはいけません。

家庭裁判所で検認という手続きをします。

なお、検認は遺言書の有効・無効を判断するものではなく、遺言書としての証拠保全の目的のための手続きです。

検認の方法

遺言書と戸籍謄本を 添付して、遺言書検認申立書を家庭裁判所に申し立てます。

注意

・検認手続きを怠ると、5万円以下の過料に処せられます。

・遺言書の偽造などをすると相続人の地位を失います。

遺言の執行

遺言の執行は、相続人全員でするのが原則ですが、遺言執行者が選任されている場合は遺言執行者に任せることができます。遺言執行者が選任されている場合は、相続人は執行することができず、勝手に執行しても無効となります。

所有権移転登記など煩雑な事務が多いので、遺言執行者に任せてしまったほうが安心です。

遺言執行者は、遺言書で指定もできますが、遺言書で指定されていなくても、後日家庭裁判所に執行者の選任を申し立てることもできます。

執行者には、弁護士や、司法書士がなることが多いそうです。

注意

・検認手続きを怠ると、5万円以下の過料に処せられます。

・遺言書の偽造などをすると相続人の地位を失います。

 

専門家はこちら

相続専門の知識を持った頼れる専門家たちはこちら